UQモバイルでのおサイフケータイの利用方法を解説します

UQモバイルでおサイフケータイは利用できる?

●おサイフケータイを利用する事はできる

UQモバイルでおサイフケータイは利用することが可能です。おサイフケータイは、スマホやガラケーに埋め込まれたチップを通して支払いをすることができる仕組みになっています。

この仕組みを利用するためには、FeliCaという機能が備わっていなくてはなりません。FeliCaとはソニーが開発した機能のこと。

auなどの3大キャリアが販売している端末のほとんどにこのFeliCaの機能が備わっています。つまり、UQモバイルでおサイフケータイを使用したいのなら、FeliCa対応のものを選ばなくてはなりません。

UQモバイルのおサイフケータイ対応端末

●おサイフケータイが使えるのは一部の端末のみ

UQモバイルの公式HPを閲覧すると、おサイフケータイを利用する事ができると書かれています。しかし、あくまでも使えるのは一部の端末のみに限られています。自分が欲しい端末があっても、おサイフケータイが使えるのかどうか確認する必要があります。

現在UQモバイルから販売されている端末は

iPhone SE

iPhone 5s

DIGNO® V(7月中旬発売予定)

HUAWEI P10 lite

AQUOS L2

HUAWEI nova

DIGNO® W

BLADE™ V770

ZenFone™ 3 Ultra

HUAWEI P9 lite PREMIUM

Alcatel IDOL 4

AQUOS L

Alcatel SHINE LITE

ZenFone™ 3 Deluxe

ZenFone™ 3

LG X screen

arrows M03

です。(スマホ端末のみ書いています)

しかし、現在この中でおサイフケータイが使えるのは

DIGNO® V

AQUOS L2

DIGNO® W

AQUOS L

arrows M03

の5機種となっています。それぞれに特徴があるスマホ端末ですので、使いやすさを重視して選ぶと長く使えるのではないでしょうか。

UQモバイルのおサイフケータイで利用できるサービスとできないサービス

●キャリア独自のサービスは使えない

UQモバイルはau回線を使ってサービスを提供しています。そのため安定した通信速度で利用することができます。しかし、いくらau回線を使っているといっても全ての機能が使えるわけではありません。

auにはauかんたん決済というサービスがあります。これは、auスマホで買い物した際に、料金を月末のスマホの支払いに加えるサービスです。つまり、別々の会社にお金を支払う必要がないのでとても便利なのです。

しかし、UQモバイルではこのauかんたん決済というサービスは利用できません。他にも、docomoが提供しているタッチで支払いができるサービスであるiDなども利用することができません。基本的にキャリアが提供しているサービスを利用する事は不可能のようです。

●nanacoや楽天Edyなどは利用可能

三大キャリアが提供するサービスは利用できませんが、そのほかのサービスなら利用することができます。セブンイレブンで支払うことができるnanacoや、楽天市場が提供している楽天Edyなどがその代表格ではないでしょうか。

他にもモバイルsuicaなども利用できます。特に問題なく起動することができますので、ストレスフリーで使用することができるでしょう。三大キャリアのサービスが使えない分、他のサービスでカバーする事で不便さを感じなくなるでしょう。

UQモバイルで機種変更してもおサイフケータイは引き続き利用できる?

●そのまま引き続き使うことができる

UQモバイルを使い、機種変更してもそのまま引き続いて使うことができます。ただし、自動的にサービスが移行するわけではありませんので、必ず自分で手続きする必要があります。

機種変更する際にデータは削除されますので、それまでに別のサービス事業者のサーバーにデータを預け、新機種を受け取った後にもう一度データを受け取ればまた同じデータを利用することができます。

楽天Edyなどのサービスも同様にする必要がありますので、データ移行を忘れて削除されないようにご注意ください。

注意点

●スマホが故障した時はデータが消されてしまう

もしもUQモバイルのスマホが故障してしまい、修理してもらうときは一度データをサーバなどに預けなくてはなりません。なぜなら、UQモバイル側でデータを削除されてしまうからです。

戻ってきたときにはデータが破棄されている状態ですので、おサイフケータイやその他のサービスのデータに異常がなければ、サーバ上に預けておきましょう。