BroadWiMAXでは口座振替が可能?手続き方法と注意点

格安スマホを徹底比較!あなたにおすすめの格安SIM教えます!

分からないことはここから検索してね!

BroadWiMAXでは口座振替が可能?手続き方法と注意点

WiMAXプロバイダの支払いはクレジットカードが基本です。このため、クレジットカードを持ってない、または作れない方にとってはWiMAXの契約自体が行えず、不自由な思いをするケースが多くなっています。WiMAXでは、本当にクレジットカード以外での決済は不可能なのでしょうか。BroadWiMAXの例をご紹介します。

Broad wimaxは口座振替ができるの?

先に述べたように、WiMAXプロバイダの料金支払は、クレジットカード払いが基本です

これは、契約者の信用状況をカード会社が保証してくれるため、プロバイダが信用調査をしなくて済むためです。プロバイダによっては、ルータを分割払いで販売することがあるため、その際に信用調査を行うことは必須となるのです。

■対応がまちまちなデビットカード

クレジットカード以外の決済手段としては、デビットカードと口座振替があります。

デビットカードはクレジットカードのように審査がなく、クレジットカード会社が提供しているカードの場合、WiMAXプロバイダでの支払いに使用できることがあります。

ただし、どのプロバイダでも可であるわけではなく、使えるかどうかは業者次第、というところがあり、使い勝手は今ひとつです

■口座振替対応業者は少数派

口座振替は、銀行口座があれば後はクレジットカードとほぼ同じ感覚で使えます。引き落とし時の通帳への記載が、クレジットカードのものになっているか、プロバイダそのものになっているかどうかの差しかありません。

口座振替に対応しているWiMAXプロバイダは限られています。その多くは、ビッグローブや@niftyのように、WiMAX以外の回線も扱っている古くからある企業です

しかし、WiMAX専業であるBroadWiMAXは、例外的に口座振替に対応しているのです。

口座振替を利用する場合、気をつけなければならない注意点がいくつかありますが、クレジットカードを持たないユーザーにも契約の可能性が開かれていることは事実です。

手数料はかかる?

BroadWiMAXの口座振替は、ライフカードの「ライフペイメント 口振」という他社のサービスを利用して行われます。

ライフカードはクレジットカードの会社ですので、これだけ聞くと「口座振替なのに審査があるの?」と思ってしまいますが、そうではありません。

あくまでもクレジットカード会社が、プロバイダに代わって行っている口座振替のサービスですので、クレジットカードと同等の審査は行われません。簡単な本人確認がされるだけです。

うっかり支払いを忘れた時の追加の請求書等も、ライフペイメントの名前で行われます。引き落としの手数料は200円(税別)で、こちらもライフペイメントへの支払いとなります。

どのタイミングで引き落とされる?

ライフペイメントでの支払いが可能になるには、申込みを行ってから2週間程度の日数が必要です。

これでは多くの場合、初回の契約料等の引き落としには間に合いません。

このため、BroadWiMAXでは契約料・契約事務手数料・決済手数料の3つについては、ルーター到着時の代金引換払いとしています。

■引き落とし日は27日または3日

それ以降の毎月の利用料金引き落としについては、指定した銀行口座からの手続きとなります。

つまり、口座振替で契約する場合、最低限契約料・契約事務手数料・決済手数料を用意しておかなければならない、ということになります。

契約後の引き落とし日は、毎月27日か3日のどちらかになります

■初回の費用は代金引換で

BroadWiMAXは毎月の支払額をできるだけ低くするような料金設定がなされている業者であるため、他のプロバイダにはない「契約料」が存在します。この額は18,857円です。

これ以外に、他のプロバイダでも請求される3,000円の事務手数料があります。BroadWiMAXではこれを「契約事務手数料」と呼んでいます。

「契約料」とちょっと紛らわしいので、注意が必要です。

「振替手数料」はすでに紹介した通り、200円になります。

まとめると、口座振替を依頼した場合、ルーターが到着した時に代金引換で18,857円+3,000円+200円+税を現金で支払い、後は銀行口座からの自動引落になる、ということです。

支払方法を口座振替にするにはどうすればいい?

BroadWiMAXには「ギガ放題auスマホ割プラン」と「ギガ放題月額最安プラン」の2種類の料金プランがあります。

口座振替が利用できるのは、このうち「ギガ放題月額最安プラン」になります。

口座振替での支払いを希望する場合は、BroadWiMAXのサイトで申し込みページを開き、支払い方法を「口座振替」とするだけで申し込みができます。

Webサイトでの申込みでは、これ以外に特にすることはありません。

■申込後の動き

口座振替の申込みを行うと、後から申し込み内容確認の電話がかかってきます。

その電話に答えると、数日以内に「口座振替申込書」「ライフペイメント入会申込書」が送られてきます

こちらに必要事項を記入し、本人確認書類のコピーを添えて郵送すれば、手続きは終了です。本人確認書類は、運転免許証やパスポートなど、他のオンライン手続きで使われている本人確認書類と同じものです。

口座振替で支払うメリット・デメリット

口座振替での支払いのメリットは、クレジットカードが必要ないということでしょう。

自営業や主婦、学生などクレジットカードを新規に取得しにくい人にとって、口座振替は非常にありがたい支払い手段になると思われます。

次のメリットは、利用料金が月ごとの自動引落になり、振込書を持って金融機関の窓口やコンビニに行く必要がない、ということが挙げられます。

■契約料0円キャンペーンが利用できない

デメリットには、BroadWiMAXが実施している各種キャンペーンの適用を受けられないことがある、ということがあります。

実は「ギガ放題月額最安プラン」では、現時点では終了時期未定で「初期費用18,857円割引」キャンペーンというのが実施されています。

これは読んで字のごとしで、「ギガ放題月額最安プラン」の契約料が0円になる、というものです。

低価格を売りにしているプロバイダで、この初期費用の負担を求められるか否かは、かなり大きな差になるでしょう。

ただし自営業の場合、キャンペーンでの割引は税務署類等に記載しにくいので、細かな条件なしで契約料金は契約料金として書類に記載できた方が面倒がなくてよい、と考えることも可能です。

こうした特殊なケースを除けば、クレジットカード払いの方が有利になるので、使用可能なクレジットカードがある場合は、そちらを利用した方がよさそうです。

口座振替は、あくまでもクレジットカードを持たない人向けの救済措置である、と考えた方がよいでしょう。

なお、ネット上などには、楽天JCBデビットカードが契約に使えた、という口コミ情報が寄せられています。ただし、デビットカード対応についてはほとんどのプロバイダが正式に対応を表明しておらず、たまたま使えた場合でもしばらくすると契約不能になってしまうケースも多く見られます。

こちらについては過信せず、ダメ元で聞いてみる程度にしておくとよいでしょう。

BroadWiMAXではこれ以外に、端末0円キャンペーンというのも実施しています。こちらの方は、クレジットカード払いでも口座振替でも同様に使用できます。

まとめ

BroadWiMAXでは、他のプロバイダではほとんどが対応していない口座振替が可能となっています。

ただし、クレジットカード払いと完全に同一の条件で利用することはできず、特に最大の売りである契約金が0円になるというキャンペーンに参加できない、というデメリットがあります。

とはいうものの、そもそもクレジットカードを持っていない、新規に取得もできない、という人にとっては、貴重な支払いオプションであることには変わりありません。

クレジットカードがないという理由で他プロバイダとの契約ができなかった場合には、検討対象とするとよいでしょう。