BroadWiMAXの初期費用はどのくらいかかるのか?他社との比較も記載

格安スマホを徹底比較!あなたにおすすめの格安SIM教えます!

分からないことはここから検索してね!

BroadWiMAXの初期費用はどのくらいかかるのか?他社との比較も記載

Broad WiMAXの初期費用はどれくらいかかるの?

通信サービスを利用する際に気にしておきたいのが、初期費用の金額。契約に必要な費用が高額だと、サービス加入にハードルを感じてしまいますよね。月額料金の安さで人気のBroad WiMAXの初期費用は、どのようになっているのでしょうか。以下をご覧ください。

・月額最安プランの初期費用・・・18,857円(税抜)

Broad WiMAXの「月額最安プラン」を契約すると、18,857円の初期費用が発生します。月額最安プランは「ギガ放題プラン」と「ライトプラン」の両方に用意されていますが、初期費用の金額は同じです。

このほか、Broad WiMAX加入時には、3,000円(税抜)の契約事務手数料も発生します。初期費用と契約事務手数料を合わせると、サービス加入時に発生する費用は21,857円(税抜)。8%の消費税をプラスした請求額は、23,605円となります。かなり高額ですね。

■キャンペーンで無料にできる

Broad WiMAXの初期費用は高額ですが、キャンペーンを適用すると無料になります。ただし、キャンペーン適用を受けるには、下記の条件を満たさなければなりません。

・公式サイトのウェブフォームから契約を申し込むこと

・クレジットカード払いで契約すること

・契約時に2つの有料オプションに加入すること

2つの有料オプションとは、「My Broadサポート」と「安心サポートプラス」のことです。契約がスタートすれば、オプションはいつでも解約できます。

オプション解約は、電話または「お客様向けサポートサイト」で申し込み可能。ただしサポートサイトは、契約が始まってから2週間から1ヶ月程度経たなければ利用できません。急いで解約したい場合は、「サービスに関するお問い合わせ」番号に電話をかけてください。電話番号は、0570-002-561です。

なお、2つの有料オプションのうちMy Broadサポートは、2ヶ月間まで無料で利用できます。一方、安心サポートプラスの利用料は初月から発生しますが、値段が550円とさほど高くありません。契約開始後すぐに解約すれば、キャンペーン適用にともなう出費を550円に抑えられますよ。

初期費用の他社比較

前節の内容を見て、初期費用が思いのほか高額で驚いた方も多いことでしょう。WiMAXは多数のプロバイダで取り扱われていますが、どのプロバイダでも同様の初期費用を設定しているのでしょうか。主要なWiMAXプロバイダが設定している初期費用を、以下でチェックしてみましょう。

・UQ WiMAX・・・3,000円の事務手数料+端末代

・GMOとくとくBB・・・3,000円の事務手数料のみ

・So-net・・・3,000円の事務手数料のみ

・BIGLOBE・・・3,000円の事務手数料のみ

・DTI・・・3,000円あるいは5,500円の事務手数料のみ

・@nifty・・・3,000円の事務手数料+端末代

UQ WiMAXと@nifty以外のプロバイダは、初期費用を3,000円の契約事務手数料のみとしています。つまりBroad WiMAXのような、高額な初期費用は設定されていません。端末代も無料なので、気軽にWiMAXの利用を始めることができます。

一方、UQ WiMAXと@niftyは、端末が有料となっています。といっても、端末代は1円〜3千円程度。スマートフォンのように高額ではありません。こうしてほかのプロバイダをチェックすると、Broad WiMAXの初期費用がより高額に感じられますね。

先にご紹介したように、Broad WiMAXの初期費用は「月額最安プラン」に設定されています。“最安プラン”なのに初期費用が高額では、ちぐはぐな感じがしますね。

はたして、「月額最安プラン」とは、どのような内容のプランなのでしょうか。次節では、Broad WiMAXの料金プランを詳しくチェックしてみることにしましょう。

Broad WiMAXの3つのプラン内容について

Broad WiMAXには、いくつかのプランが用意されています。その中でも代表的なプランといえるのが、2つのギガ放題プラン。月間データ通信量の制限なしで利用できる、おすすめのプランとなっています。

各ギガ放題プランの料金を、順番に見ていきましょう。まずは、「ギガ放題月額最安プラン」の料金から。

・端末到着月・・・2,726円の日割

・契約1〜2ヶ月目・・・月額2,726円

・契約3〜24ヶ月目・・・月額3,411円

・契約25ヶ月目以降・・・月額4,011円

先にご紹介した初期費用が発生するものの、ギガ放題月額最安プランの料金設定はかなり安価です。契約3〜24ヶ月目の料金が月々3,411円と安いので、学生さんでも気軽に利用できます。次にご紹介するのは、「ギガ放題auスマホ割プラン」。こちらは、auスマホまたは携帯電話を利用している方のみを対象としたプランになります。

・端末到着月・・・3,695円の日割

・契約1〜2ヶ月目・・・月額3,695円

・契約3〜24ヶ月目・・・月額4,380円

「ギガ放題auスマホ割プラン」の料金設定は、ギガ放題月額最安プランよりも高額に設定されています。ただし、このプランに加入すると、auスマホもしくは携帯電話の料金が安くなります。「auスマートバリュー mine」の適用によって、料金割引を受けることができるのです。

割引額は、毎月最大934円。auで契約しているサービス内容によって、割引額が異なります。最大割引額が適用されるのは、各種データ定額プランや「LTEフラット」など。auスマートバリューmineを活用すれば、通信費を安く抑えつつBroad WiMAXを利用できます。

ただし、auスマートバリュー mineは、自動的に適用されるわけではありません。「ギガ放題auスマホ割プラン」契約後に、KDDIお客様センターに連絡を入れる必要があります。KDDIお客様センターの電話番号は、以下のとおりです。

・au携帯電話からかける場合・・・157(局番なし)

・他社携帯や一般電話からかける場合・・・0077-7-111

KDDIお客様センターの受付時間は、午前9時から午後8時。年中無休で営業しています。

■契約解除料について

Broad WiMAXの各プランは2年契約となっており、契約期間内に解約すると契約解除料が発生します。契約2年以内の解約に対する契約解除料は、以下のように高額です。解約タイミングには、十分注意しなければなりません。

・端末到着月〜契約12ヶ月目に解約した場合・・・19,000円

・契約13〜24ヶ月目に解約した場合・・・14,000円

契約25ヶ月目は更新月にあたるため、契約解除料なしで解約できます。契約26ヶ月目からは、再び2年間の契約期間がスタート。契約49ヶ月目までに解約すると、9,500円の契約解除料が発生します。

本節でご紹介したとおり、Broad WiMAXの料金設定は安価。ただし途中解約すると、契約解除料で料金の安さが帳消しになる場合があるので注意しましょう。

月額最安プランの2年間の実質費用

先にご紹介したように、ギガ放題月額最安プランの初期費用はキャンペーン適用で無料にできます。ただ、クレジットカードを持っていない方は、キャンペーンを利用できません。

初期費用込みでギガ放題月額最安プランを契約した場合の、2年間の実質費用をチェックしてみましょう。なお、契約事務手数料と端末到着月の日割り料金は、計算から省くこととします。

・18,857円(初期費用)+80494円(2年分の利用料)=99,351円

ギガ放題月額最安プランを2年間利用した場合のトータル費用は、初期費用込みで99,351円。10万円を切る結果となりました。ちなみに、キャンペーン適用を受ければ、ギガ放題月額最安プランの2年間の実質費用は80,494円まで下がります。これだけ費用が安くなるなら、キャンペーンのためにクレジットカードを契約しても損はないはずです。

■auユーザーにはギガ放題auスマホ割プランがおすすめ

上記のとおり、ギガ放題月額最安プランはかなりリーズナブルなプランです。ただ、auユーザーであれば、ギガ放題auスマホ割プランも気になりますよね。

ギガ放題auスマホ割プランを契約した場合、2年間で最大22,416円の料金割引を受けることができます。この割引額を、2年分の利用料から差し引きしてみましょう。

・103,750円-22,416円=81,334円

キャンペーン込みのギガ放題月額最安プランほどではないものの、こちらもかなり安価になりましたね。割引かれるのはあくまでauの料金ですが、トータルの通信費が安くなることに変わりはありません。

また、auスマートバリューmineの割引は、契約3年目以降もずっと続きます。つまり、3年以上継続利用した場合は、ギガ放題月額最安プランよりもギガ放題auスマホ割プランの方がお得。auスマホや携帯電話をご利用中の方には、ギガ放題auスマホ割プランがおすすめです。

Broad WiMAXのメリット、デメリット

本記事の最後に、Broad WiMAXのメリットとデメリットをチェックしておきましょう。まずはメリットから。

・2年間の利用料金が安い

・3年目以降の料金設定が安価

先にご紹介したように、Broad WiMAXのギガ放題月額最安プランは、かなり安価に利用できます。ネックである初期費用も、キャンペーンによって無料にすることが可能。通信費を抑えつつ、便利なWiMAXを利用できます。

また、ギガ放題月額最安プランは、3年目以降の月額料金が安価。ほかのWiMAXプロバイダと比べて、数百円安い金額に設定されています。長期的に見ると、Broad WiMAXはかなりお得なプロバイダといってよいでしょう。

以上のメリットをもつBroad WiMAXですが、やはりデメリットも持っています。

・2年間の実質費用は他社の方が安い

・サポートの評判が今ひとつ

料金の安さをウリにするBroad WiMAXも、業界最安のプロバイダというわけではありません。人気プロバイダであるGMOとくとくBBには、Broad WiMAXよりも安いプランが用意されています。

また、Broad WiMAXは、サポートの評判があまりよくありません。手厚いサポートを受けつつWiMAXを利用したいなら、ほかのプロバイダを選んだ方がよいでしょう。

以上のようにデメリットもあるBroad WiMAXですが、長期的なWiMAXの利用に適したプロバイダであることは事実です。契約を検討する際は、本記事の内容をプラン選びの参考にしてみてください。