BroadWiMAX口座振替の審査って厳しいの? - 格安スマホ学園 - 格安スマホを徹底比較!あなたにおすすめの格安SIM教えます!

格安スマホを徹底比較!あなたにおすすめの格安SIM教えます!

分からないことはここから検索してね!

BroadWiMAX口座振替の審査って厳しいの?

「クレジットカードの審査に通らないから口座振替対応可能なBroadWiMAXにしようと思ったんだけど、ここでは口座振替にも審査があるって聞いた、通らなかったらどうしよう?」という悩みを抱えている人がいると聞きます。実際のところはどうなんでしょうか。ずばり解説します。

そもそもクレジットカードでの審査とは

クレジットカードを申し込もうとすると、「審査」が行われます。

この審査は、申込者に定期的な支払い能力があるかどうかを確認するためのもので、ざっくり言うと2種類あります。

ひとつは、信用取引を行うことが可能なだけの定収入があるかどうかのチェックです。特定の会社法人に所属し、そこから固定給をもらっている場合はだいたいパスします。

ですがフリーランスの職業であったり、仕事がパートやアルバイトであった場合、「定収入あり」とは判定されず、審査に不合格になってしまうことがあります

もうひとつは、信用情報に傷がないかどうかの確認です。これはいわゆる「ブラック」であるかどうかのチェックとも言えます。

すでに何らかのクレジットカードを使用しており、月々の返済に遅滞が生じたりした場合には、信用会社の持っているデータベースにその旨が記載されます。

このデータベースにチェックがある場合、新規のクレジットカードの契約が困難になるのです。

支払いを長期に渡って焦げ付かせ、クレジットカードの利用を止められてしまったままの利用者の場合、まず新規のカードの契約はできません

■データベースの参照が可能なのは

クレジットカードの支払情報は、重大な個人的秘密なので、それを記録したデータベースは厳重に管理されています。

その利用はあくまでもクレジットカード関連の信用状態のチェックに限られています

実は信用会社には複数の系列があり、しばらく前まである系列の企業は他系列の企業のデータベースを参照することができませんでした。

このため、ある系列でブラック認定されても、別の系列の会社でクレジットカードを作ることが可能なことがあったのです。

現在では相互参照が進められるようになったため、たとえ信用会社が別系列のカードであっても、「ブラック」な人はほぼカードを作れなくなっています。

口座振替の審査とは?

口座振替は、クレジットカードの支払いとは全く別のもので、利用条件は通常「残高がある何らかの金融機関の口座を持っていること」のみとなっています。

この場合必要なのは、利用する金融機関の口座が、申込みを行った人のものであることを証明することだけです。

具体的には、口座番号を示し、そこで利用している印鑑を捺印すれば足ります。

クレジットカードで行われる信用情報の調査などは、行われません。

そもそも「審査」という言葉すら、原則的には使われないのです。

■「審査」という言葉が使われるワケ

にもかかわらず、BroadWiMAXの口座振替では、「審査」という言葉が使われます。これは一体どういうことなのでしょう。

実は、BroadWiMAXの口座振替は、BroadWiMAX自身が行っているのではなく、外部業者に委託して行っているのです。

委託先はクレジットカードも扱っている「ライフカード」になります。

クレジットカードも扱っているから、つい「審査」という言葉を使ってしまったのでしょう。しかし、その内容はクレジットカードの審査とは全くことなります。

たとえクレジットカードを扱っている会社であっても、クレジットカード契約を行っているユーザー以外の信用情報にアクセスしてはならないことになっているのです。

ですから、クレジットカード契約において「ブラック」であったとしても、それが口座振替の契約に影響を与えることはありません

■「審査」の内容は?

実際に行われている「審査」の内容は、他の多くの口座振替の場合同様、提示された金融機関の口座が、本当に申込者当人のものであるかどうかを確認しているだけです。

このため、BroadWiMAXで口座振替の申込みを行うと、口座振替の申込書とともに、「ライフペイメント」の入会申請書が送られてきます。

「ライフペイメント」は、さまざまな企業に対してライフカードが提供している口座振替サービスのブランド名です。

申込者は、この書類に必要事項を書き込み、免許証やパスポートなどの本人確認書類をつけて、郵送することになります。

そこから後の「審査」内容は普通の口座振替と同じです。

ライフカードは、申込書に書かれた金融機関に対して問い合わせを行います。

金融機関側では、申込書にある印鑑が登録印と同じものであるかどうかと、利用者本人の情報を確認します。

これらに問題がなければ、口座振替は利用可能になるのです。

■「審査」が不可となる場合

この場合の「審査」が通らなくなってしまうのは、ガスや電気の口座振替に失敗するのと同じ理由になります。

まず、申請者の住所氏名と、口座名義人の住所氏名が異なっていたらアウトです。

口座振替申込書に押した印鑑と、金融機関の登録印が違っていても不可となります。

また、こちらはレアケースになりますが、差し押さえ等によって口座が利用不可になっていた場合も、その口座を使っての振替はできなくなります。

逆に言うと、ちゃんと使える自分名義の口座があり、その口座と現在の住所氏名が一致しており、なおかつ登録印をちゃんと押していたのなら、他の条件はどうであっても「審査」にはパスするということになるのです。

■「審査」にかかる期間

「審査」と繰り返していますがやっていることは通常の口座振替と同じ口座情報のチェックですから、その大部分は金融機関の中でなされます。

チェックにかかる時間は、トータルで2週間ほどです

■ややこしくなる理由

このように、BroadWiMAXの口座振替申込時に行われる「審査」は、よくある口座振替申し込み時のチェックと内容的になんら変わるものではありません。

それがまるでクレジットカードの審査と同質のものであるかのように誤解されてしまうのは、サービスを運営しているのがクレジットカードも扱っている会社であるせいと、サービスの名前そのものが他のクレジットカード系のものとよく似ていて、普通の利用者にはどこがどう違うのか理解しにくいからでしょう。

しかし繰り返すように、ここで行われる「審査」は、一般の口座振替申し込みの時に行われるチェック以下のものでもなければ、それ以上のものでもないのです。

まとめ

「審査」という人によってはトラウマワードになる用語が使われているので、ちょっと身構えてしまいますが、口座振替の「審査」はクレジットカードの「審査」とは全く違うものであるということが、これまでの説明でおわかりでしょう。

だいたい、口座振替はさまざまな事情があって、クレジットカードの利用が難しい人が利用しようと思うものです。

この口座振替に対し、クレジットカード同様の審査を課してしまえば、口座振替を利用してくれる人はいなくなってしまうでしょう。

ただこちらの「審査」においても、不可となってしまう人は存在します。

その理由は、口座の情報と申込書の情報が一致しなかった、という一点に付きます。

特にありがちなのが、引越し後金融機関の口座の住所情報を変えておらず、申込書と相違してしまったというパターンと、引っ越しをして運転免許証に裏書きがあるのに、表面だけコピーして送ってしまった、などというパターンです。

印鑑を間違えたというパターンも多々見られます。

WiMAXの申込時以外でも、このような場合口座振替は通りませんから、普段からよく使う口座の情報は、現在の個人情報を一致するように注意しておきましょう。