メリットはある?Broad WiMAXの2台目契約について

格安スマホを徹底比較!あなたにおすすめの格安SIM教えます!

分からないことはここから検索してね!

メリットはある?Broad WiMAXの2台目契約について

WiMAX2台目を検討している方必見!WiMAXスタートキャンペーン

Broad WiMAXでは、新規利用者むけのキャンペーン「WiMAXスタートキャンペーン」を実施中です。ほかのWiMAXプロバイダでも頻繁にキャンペーンを実施していますが、Broad WiMAXのキャンペーンは内容がひと味違います。なんと、端末の2台持ちを検討している方に対する、特別な特典が用意されているのです。

Broad WiMAXの特典内容について

WiMAXスタートキャンペーンには、以下3つの特典が用意されています。

・特典1 初期費用18,857円を全額割引

・特典2 機種を問わず端末代が完全無料

・特典3 2台目の初期費用を10,000割引

特典3の内容が気になるところですが、まずは特典1と2の内容をチェックしてみましょう。WiMAXスタートキャンペーンを利用して「ギガ放題月額最安プラン」を契約すると、初期費用18,857円が全額割引になります。ただし、この割引を利用するには、以下3つの条件を満たさなければなりません

・ウェブサイトのフォームから申し込みを行う

・安心サポートプラスとMy Broadサポートに加入する

・料金の支払い方法にクレジットカード払いを指定する

初期費用を無料にするには、Broad WiMAXのウェブサイト経由で申し込みを行う必要があります。電話からの申し込みでは、キャンペーンの適用を受けることができません。

また、有料オプションである「安心サポートプラス」と「My Broadサポート」への加入も、初期費用割引の条件の1つです。2つのオプションは、キャンペーン適用後にいつでも解約可能。My Broadサポートは2ヶ月間無料で使えるため、オプション料金が発生する前に解約できます。

一方、安心サポートプラスには、無料利用期間がありません。このため、契約初月からオプション料金が発生してしまいます。安心サポートプラスの月額利用料は550円。この金額だけは、契約開始後に必ず支払うことになります。

支払方法にクレジットカード払いを指定することも、初期費用割引を受けるための必須条件です。口座振替での支払いを選ぶと、キャンペーンが適用されなくなるのでご注意ください。 

続いて、特典2について見てみましょう。キャンペーン期間中にBroad WiMAXを契約すると、機種の新旧を問わず端末代が無料になります。こちらの特典を得るために、特別な条件を満たす必要はありません。キャンペーンの終了日も決まっていないので、いつでも端末代は無料と考えてよいでしょう。

では最後に、特典3について。WiMAXスタートキャンペーンを利用すると、出費を抑えつつ2台目のWiMAX端末を契約できます。2台目の契約にかかる初期費用が、10,000円割引かれるのです。割引を受けるための条件は、以下の2つとなります。

・ウェブサイト経由で申込を行うこと

・キャンペーン期間内に申し込みを行うこと

上記条件を満たせば、割引を受けたうえで2台目の端末を契約できます。なお、左記にも触れましたが、WiMAXスタートキャンペーンの終了時期は決まっていません。

■ファミ得パックとの違い

2台目の端末利用に関連する割引は、Broad WiMAX以外のプロバイダではほとんど行われていません。例をあげられるとすれば、UQ WiMAXやSo-netなどで利用できる「ファミ得パック」ぐらいのものです。

ファミ得パックは、「Flat 年間パスポート」の契約者を対象に、2台目端末の利用料金を値下げするサービス。適用を受けることで、2台目のWiMAX端末を月々2,480円で利用できます。ちなみに、Flat 年間パスポートの通常料金は3,419円。2台契約した場合も、月々の支払い額は約5,900円(税抜)に収まります。

…と、このような情報を聞くと、Flat 年間パスポートやファミ得パックを契約したくなるかもしれませんね。しかし、これらのサービスは、WiMAX2+には対応していません。つまり、WiMAX回線専用端末で契約を行っている方以外は、ファミ得パックを利用できないということです。

また、ファミ得パックの取り扱い自体も、順次終了しつつあります。2018年にWiMAX回線が廃止されることもあり、今後Flat 年間パスポートやファミ得パックは、完全に過去のサービスとなるはずです。以上のような流れがある中で、2台目端末利用者に対するサービスを行っているBroad WiMAXは、希少な存在と呼べるかもしれませんね。

WiMAXを2台契約した際の月額料金はどれくらい?

複数台のWiMAX端末の契約を検討している方にとって、2台目端末の利用に必要な月額料金は気になるところでしょう。できれば安価に複数の端末を利用したいですよね。

しかし、2台以上の端末を契約した場合にかかる月額料金は、Broad WiMAXのウェブサイト上に公開されていません。複数台の契約には専門スタッフの受付が必要となっており、実際に申し込まなければ料金がわからないのです。

ただ、推測になりますが、2台目の月額料金も、1台目の月額最安プランの料金と同額だと考えるのが妥当といえます。もし2台目以降の端末が安価に利用できるなら、リーズナブルさをウェブサイト上でアピールするはずです。

では、Broad WiMAXの月額最安プランは、どの程度の出費で利用できるのでしょうか。ギガ放題プランとライトプラン双方に用意されている、月額最安プランの料金をチェックしてみましょう。まずは、ギガ放題月額最安プランの料金から。

・端末到着月・・・2,726円の日割り料金

・契約期間1〜2ヶ月目・・・月額2,276円

・契約期間3〜24ヶ月目・・・月額3,411円

・契約期間25ヶ月目以降・・・月額4,011円

続いて、ライトプランに用意されている、月額最安プランの料金を見てみましょう。

・端末到着月・・・2,726円の日割り料金

・契約期間1〜24ヶ月目・・・月額2,276円

・契約期間25ヶ月目以降・・・月額3,326円

ギガ放題プランとライトプランの違いは、月間データ通信量制限の有無。ギガ放題プランには、1ヶ月間に使えるデータ通信量の制限がありません。一方ライトプランには、月間7GBの通信量制限が設定されています。

キャンペーンを利用して2台の端末を契約した場合は、上記2プランを組み合わせた料金を支払うことになると思ってよいでしょう。たとえば、ギガ放題プランとライトプランを組み合わせて契約した場合は、3ヶ月目までの料金が4,552円、3ヶ月目以降の料金は5,687円となります。意外にも、左記にご紹介したファミ得パックの料金より安価ですね。

■2台持ちしたい場合の契約方法

先に触れたとおり、WiMAX端末の2台持ちは特殊な契約となります。このため、通常の方法では申し込みを行えません。2台目端末の初期費用割引を受けたい場合は、以下の手順で契約を申し込んでください。

1.Broad WiMAXのウェブサイトにアクセス

2.トップページで「新規申し込み」をクリック

3.「お申し込みフォーム」画面で「コンサル受付フォーム」をクリック

4.「WiMAXの重要事項説明」画面が表示されるので、記載内容を一読する

5.「同意する」を選択して「同意してフォームに進む」ボタンをクリック

6.フォームに必要事項を入力して「確認画面へ」ボタンをクリック

7.入力内容を確認して、間違いがなければ「この内容で送信する」をクリック

以上の手順で申し込みを行うと、スタッフから確認の連絡が入ります。希望する端末の機種や契約台数、加入するプランなどを伝えて、契約手続きを完了させてください。

なお、複数台契約の申し込みは、下記フリーダイヤルでも行えます。ただし、電話で申し込んだ場合は、初期費用割引の対象外となる可能性があるのでご注意ください。

・Broad WiMAX申込・問合フリーダイヤル・・・0120-680-382

申し込み用フリーダイヤルの受付時間は、平日が10時から22時、土日祝日が10時から20時となっています。電話をかけるタイミングは、平日の午前中がおすすめ。土日祝日は申し込みが混み合いやすく、オペレーターになかなか繋がらない可能性があります。

意外と多い?WiMAX2台契約でストレスフリーになる

WiMAX端末を2台以上利用する方は、意外に多くおられます。特に固定回線としてWiMAXを利用するユーザーには、複数台の端末を契約する方が少なくありません。

たとえばファミリー世帯であれば、1台しかない端末を家族の誰かが持ち出してしまうと不便を感じるはず。とはいえ、せっかくのモバイルWi-Fiルーターを、外出先で利用できないのは少しもったいないですよね。

そこで2台の端末を契約すれば、自宅用と持ち出し用に分けて使うことができます。こうした使い方をするなら、自宅用端末はギガ放題、持ち出し用はライトプランで契約するのがおすすめ。通信費を抑えつつ、自宅と外出先の両方でWiMAXを利用できます。

このほか、自宅でIPカメラを利用したい方にも、端末の2台持ちはおすすめです。2台のWiMAX端末があれば、自宅のIPカメラと外出先で使うノートパソコン双方に回線を供給することが可能。勤務先やお出かけ先から、自宅の様子をチェックできます。

以上のように、2台目の端末があれば、WiMAXの使い方の幅が広がります。ただし、2大契約には注意点があることも事実。どのような点に注意すべきなのか、次節でチェックしてみましょう

WiMAX2台契約で注意しておきたい点

Broad WiMAXを2台契約する際は、以下の点に注意する必要があります。

・解約時にかかる契約解除料が2倍になる

・契約先を分けた方が安価に利用できる

自宅でWiMAX電波の入りが悪いと、端末を解約したくなるかもしれません。しかし、2台同時に解約を行うと、契約解除料が通常の2倍かかってしまうので要注意です。ここで、Broad WiMAXの契約解除料をチェックしておきましょう。

・端末到着月〜契約12ヶ月目の契約解除料・・・19,000円

・契約13〜24ヶ月目の契約解除料・・・14,000円

・契約26ヶ月目以降の契約解除料・・・9,500円

仮に、契約1年以内に2つの端末を解約すると、合計38,000円の契約解除料が発生してしまいます。かなり高額ですね。ただ、この注意点については、工夫次第で回避できます。回避の方法は後ほどご説明するとして、2つめの注意点について見てみましょう。

Broad WiMAXの料金は、数あるWiMAXプロバイダの中でも安価です。ただし、業界最安値ではありません。たとえばGMOとくとくBBなら、以下の金額でギガ放題プランを利用できます。

・端末到着月・・・2,699円の日割り料金

・契約期間1〜2ヶ月目・・・月額2,699円

・契約期間3〜24ヶ月目・・・月額3,353円

・契約期間25ヶ月目以降・・・月額4,263円

上記プランをGMOとくとくBBで契約し、Broad WiMAXでライトプランを契約したとしましょう。この場合の月額料金は、Broad WiMAXで2台契約を結ぶ場合よりも安くなります。契約作業が2回必要となる点は面倒ですが、より安価に2台持ちを実現できることは確かです。

■無駄な契約解除料の発生を防ぐ方法

本記事の最後に、先ほど述べた契約解除料の発生を防ぐ方法をご紹介しておきましょう。まず、WiMAX端末の電波の入り具合に関する不満は、「Try WiMAX」を利用することで回避できます。

Try WiMAXとは、短期間限定でWiMAX端末を試用できるサービス。自宅での、電波の入り具合のチェックに活用できます。事前に自宅とWiMAX回線の相性がわかれば、契約後も電波環境に対する不満を感じずに済むはずです。

もう一つ押さえておきたいのが、株式会社リンクライフの回線乗り換えサービス。Broad WiMAXの提供元リンクライフでは、WiMAXからほかのインターネット回線への乗り換えを可能としています。

リンクライフの扱う回線サービスであれば、なんと違約金の負担なしで乗り換えることが可能。WiMAX契約後に「やっぱり固定回線がいい」となった場合でも、違約金を負担することなく乗り換えを行えます。

仮に2台の端末を契約して、自宅での利用がイマイチと感じたとしましょう。こうした場合でも、自宅用の端末を解約して、リンクライフのほかのサービスに乗り換えられます。

こうした柔軟な対応を行っているのは、WiMAXプロバイダの中でもリンクライフのみ。Broad WiMAXは、WiMAXを複数契約したい方に適したプロバイダといってよいでしょう。