ブロードワイマックスの特徴や料金プランなどわかりやすくまとめました

格安スマホを徹底比較!あなたにおすすめの格安SIM教えます!

分からないことはここから検索してね!

ブロードワイマックスの特徴や料金プランなどわかりやすくまとめました

ブロードワイマックスとは?

日本にはUQWiMAXの端末を代理販売している会社がたくさんあり、各社がいろいろな名前をつけてWiMAXを販売していますが、その中の一つのブランドがブロードワイマックスです。各社WiMAXの申し込み時のキャッシュバックキャンペーンなどでユーザーを獲得しようと頑張っていますが、ブロードワイマックスは「キャッシュバックキャンペーンは行わず、月額料金の安さで勝負している」評判のいいWiMAXです。本家UQWiMAXと扱っている商品、スペックは同じなのに月額料金が安いのがブロードワイマックスの特徴です。各社WiMAXの申し込み時のキャッシュバックキャンペーンなどでユーザーを獲得しようと頑張っていますが、ブロードワイマックスは「キャッシュバックキャンペーンは行わず、月額料金の安さで勝負している」評判のいいWiMAXです。本家UQWiMAXと扱っている商品、スペックは同じなのに月額料金が安いのがブロードワイマックスの特徴です。当サイトでは【数あるWiMAXプロバイダの中で一番ブロードワイマックスがオトクである】と結論付けています。

ブロードワイマックスのサービス提供元は、株式会社リンクライフという企業で、リンクライフは平成20年に設立された比較的新しい企業で、WiMAXだけではなく固定回線の代理販売やウォーターサーバーの販売なども手がけています。

→管理人がブロードワイマックスを実際に使用してみた様子はコチラから

ブロードワイマックスの特徴

ブロードワイマックス

日本国内でWiMAXを取り扱うプロバイダは、ブロードワイマックスだけではありません。UQコミュニケーションズ直属の「UQ WiMAX」をはじめ、「BIGLOBE」「とくとくBB」など多数のプロバイダがWiMAXを取り扱っています。

当然のことですが、WiMAXそのものの性能はどのプロバイダでも同じです。UQ WiMAXのWiMAXだけ通信速度が速く、ほかのプロバイダは遅い、なんていうことはありません。各プロバイダの違いは料金プランや申し込み時のキャッシュバックキャンペーンのみにあります。

ブロードワイマックスは、特に料金プランに特徴のあるプロバイダです。より具体的に言いますと、ブロードワイマックスは、業界最安クラスの月額料金を特徴としているプロバイダなのです。また「料金プランが初心者にもわかりやすい」というのもブロードワイマックスの特徴です。つまり「WiMAX初心者にとっても使い易い」WiMAXだと言えます。正直に話すと通信速度や端末のスペックはどの会社で契約してもほとんど同じなので、「使い易さ」「わかりやすさ」はWiMAXを選ぶ上で最も重要事項と言っても過言ではありません。

…とここで、「どのぐらい安いのか教えて!」という声が聞こえてきそうですね。次節では、気になるブロードワイマックスの料金についてチェックしてみることにしましょう。各プロバイダのギガ放題プラン(基本使い放題で3日で10GB以上使うと制限がかかる)の料金を比較します。

その前にブロードワイマックスの料金プランと他社の料金プランをわかりやすく比較した表を貼り付けておきますので参考にしてください。 *1年目の料金は初期費用の3,000円を含んでます。表は全て税別です。

商品名 1年目の月額料金合計 2年目の月額料金合計 3年目以降の月額料金合計 キャッシュバック金額 3年間の実質利用料金合計 実質1ヶ月あたりの料金 解約金
ブロードワイマックス 42,562円 40,932円 48,132円 131,626円 3,656円 9,500円〜19,000円
GMOとくとくBB 52,848円 51,156円 51,156円 30,500円 124,660円 3,463円 9,500円〜24,800円
BIGLOBE WiMAX 54,190円 52,560円 52,560円 159,310円 4,425円 9,500円〜19,000円
UQ WiMAX 53,508円 52,560円 52,560円 158,628円 4,406円 9,500円〜19,000円

 

上記表を見てもらうとわかる通り、ブロードワイマックス、GMOとくとくBBがコスパ面で圧勝しています。ですのでWiMAXを契約するのであればどちらか2社を選ぶ以外の選択肢は無いと言っても過言ではありません。

キャッシュバック金額を考慮するとブロードワイマックスは僅かにGMOよりも料金が高くなってはいるのですが、GMOは「キャッシュバック手続きが非常に面倒であり、しかも受け取りが利用開始から11ヶ月後」「2年以内に解約すると一律解約金24,800円が請求される」事(ブロードワイマックスは〜12ヶ月目までの解約金が19,000円、13〜24ヶ月目までの解約金が14,000円)から個人的にはブロードワイマックスをオススメします。キャッシュバックの受け取りには11ヶ月かかるのでそれまでに解約すると当然受け取る事はできません。「確実に2年以上解約しない」自身がある人のみGMOとくとくBBをおすすめします。GMOとくとくBBのキャッシュバックの案内は「普段使用していないGMOのメールアドレスに11ヶ月後に届き、届いてから翌月までに振り込み手続きを行わないといけない」という非常にめんどくさい設定になっていますので、もうめんどうだと思う方はブロードワイマックスにする事をおすすめします。

ブロードワイマックスの料金プランについて

ブロードワイマックスの料金プランは、「ギガ放題プラン」と「ライトプラン」に大別できます。各プランの内容と料金をチェックしてみましょう。

ギガ放題プランの内容と料金

ギガ放題プランは、WiMAX2+の高速通信を月間の速度制限なしで利用できるプランです。モバイルWi-Fiルーターには、月間7GBを超えると速度制限にひっかかることが一般的。制限を超えて高速通信を利用すると、混雑を回避するために通信速度が大幅に低下してしまいます。

一方、ブロードワイマックスのギガ放題プランには、基本的にこの速度制限がありません。ハイスピードモードでの快適な通信を、心ゆくまで楽しむことができます。

ただし「ギガ放題プラン」も、一切の制限なしで利用できるわけではありません。3日間の通信量によっては通信速度制限をかけられてしまいます。具体的にいうと、3日間の間に10GBを超える通信を行うと、通信速度が制限されるのです。制限中の通信速度は、「YouTubeを標準画質で視聴できる程度」となっています。具体的な数字は発表されていません。

これらはもともと3日間で3GBの条件だったのですが、2017年2月2日から宣言が緩和され、3日間に利用できる通信量が10GBまでアップ。この容量なら、高画質動画も心おきなく楽しめそうです。

続いて、ギガ放題プランの料金について見ていきましょう。ギガ放題プランは、「ギガ放題月額最安プラン」と「ギガ放題auスマホ割プラン」の2種類があります。前者は、契約後24ヶ月目まで料金割引が続くプラン。月額料金と割引額は、以下のようになっています。

・1〜2ヶ月目の月額料金・・・2,726円(通常料金より1,285円OFF)

・3〜24ヶ月目の月額料金・・・3,411円(通常料金より600円OFF)

・25ヶ月目以降の月額料金・・・4,011円(割引なし)

上記月数は、利用開始月の翌月を1ヶ月目として表記しています。利用開始月の利用額は、2,726円を日割りした金額となります。

ギガ放題月額最安プランは、業界最安クラスの月額料金を特徴とするプラン。2年間までであれば、4,000円を切る低料金でWiMAXの高速モバイル通信を利用できます。また、25ヶ月目以降の月額料金も、約4,000円と安価です。なお、ギガ放題月額最安プランは、加入時に以下の諸費用が発生します。

・契約事務手数料・・・3,000円

・初期費用・・・18,857円→現在初期費用無料キャンペーン実施中!! *2017/6/29現在

「初期費用」が高額なのが気になりますね。ただ、この費用については現在キャンペーンで無料となっています。続けてギガ放題auスマホ割プランの料金をチェックしてみましょう。

・1〜2ヶ月目の月額料金・・・3,695円(通常料金より1,185円OFF)

・3〜24ヶ月目の月額料金・・・4,380円(通常料金より500円OFF)

こちらの月数も、利用開始月の翌月を1ヶ月目としています。利用開始月の利用料金は、3,695円を日割りして請求されます。上記のとおり、ギガ放題auスマホ割プランの料金は、ギガ放題月額最安プランより高めです。

ただし、ギガ放題ベーシックプランの初期費用は0円、auケータイの月額料金最大-934円。3,000円の契約事務手数料こそかかるものの、auユーザーなら少ない初期投資でお得にWiMAXの利用を開始できます。

なお、3〜24ヶ月目の料金が「通常料金より500円OFF」となっているのは、お得割が適用されているからです。

ライトプランの内容と料金

ライトプランは、なるべく低料金でWiMAXを利用したい方向けのプランです。ギガ放題プランよりも安くWiMAXを利用できますが、月間7GBの帯域制限が設定されています。

月間の帯域制限が使用上のネックになるか否かは、ユーザーの使い方次第。外出時のみWi-Fiルーターを利用する方であれば、7GBの通信量でも十分かもしれません。

また、モードをノーリミットモードに切り替えれば、月間の帯域制限なしでWiMAX回線の通信を利用できます。先にご紹介したように、ノーリミットモードの通信速度は13.3Mbps。ほかのモードと比べると低速ですが、ネットの閲覧程度であれば十分快適に行えます。

続いて、ライトプランの料金をチェックしてみましょう。ライトプランにも、「月額最安プラン」と「auスマホ割プラン」が用意されています。月額最安プランの月額料金は、以下のとおりです。

・1〜24ヶ月目の月額料金・・・2,726円(通常料金より600円OFF)

・25ヶ月目以降の月額料金・・・3,326円(割引なし)

ここでも、課金が開始される利用開始2ヶ月目を、1ヶ月目として記載しています。利用開始月の料金額は、2,726円を日割りした金額になります。24ヶ月目まで月額3,000円以下で利用できる点が、月額最安プランの魅力。この程度の金額であれば、学生さんでも無理なく支払えそうですね。

なお、月額最安プラン加入時には、ギガ放題月額最安プランと同じく18,857円の初期費用と3,000円の契約事務手数料が発生します。ただ、この費用については現在キャンペーンが適用されれば無料になります。次に、auスマホ割プランの月額料金を見てみましょう。

・1〜24ヶ月目の月額料金・・・3,695円(通常料金より500円OFF)

利用開始月の料金は、3,695円を日割りした額となります。ライトプランのauスマホ割プランも、やはり初期費用は0円で、auケータイの月額料金最大-934円。その分月額料金が、月額最安プランより高額になっています。割引に関する条件は、ギガ放題auスマホ割プランの3ヶ月目以降と同じです。

なお、ブロードワイマックスのプランは、全て2年契約となっています。解約するタイミングによって、以下の契約解除料が発生するのでご注意ください

・契約12ヶ月目まで・・・19,000円

・契約24ヶ月目まで・・・14,000円

・契約26ヶ月目以降・・・9,500円

契約25ヶ月目は更新月となるため、無料で解約できます。契約26ヶ月目に入ると、契約が自動更新。次に更新月が訪れるのは、契約49ヶ月目となります

支払い方法について

ブロードワイマックスの支払い方法は、プランごとに違っています。

・各月額最安プラン・・・クレジットカード・口座振替

・各auスマホ割プラン・・・クレジットカード

ギガ放題およびライトプランの月額最安プランでは、クレジットカードのほかに口座振替を選ぶことができます。ですが、初期費用無料キャンペーンを適用するにはクレジットカードでの支払いが必須になりますので、キャンペーンを利用したい方は必ずクレジットカードでの支払いを選択してください。各auスマホ割プランでは、クレジットカード以外の支払い方法を選べません。

ブロードワイマックスの対応エリアについて

ブロードワイマックスは料金が安い、料金プランがわかりやすいといえどもつながらなくては全く意味がありません。そこで契約前にシッカリと対応エリアを確認しておきましょう。→http://www.uqwimax.jp/signup/area/

上記ページで対応エリアが確認できますので絶対に確認してから契約してください。もしエリア外の判定が出た場合、ブロードワイマックス側から「そのエリアでも使用できる他Wi-Fiサービス」を紹介してもらえるみたいなのでその場合は 0120-005-579 へ電話してみてください。

ブロードワイマックスの申し込み時のお得なキャンペーンについて

ブロードワイマックスでは、月額最安プラン新規加入者向けのキャンペーン「WiMAXスタートキャンペーン」を実施しています。キャンペーンの特典を見てみましょう。

・初期費用18,857円を全額割引!Web割キャンペーン

・端末代0円キャンペーン

・2台目の初期費用を10,000円割引キャンペーン

キャンペーンが適用されると、月額最安プランの初期費用18,857円が無料になります。先に触れた初期費用の無料化とは、このキャンペーンのことです。

端末代の無料化も、キャンペーン特典の1つ。2017年2月に発売された最新機種、「W04」や「L01」も無料でゲットできます。これに加えて、2台目の端末を契約する場合は初期費用が10,000円OFFに。ご家庭でWiMAX端末を2台利用する場合に、導入費用を安く抑えることができます。

ブロードワイマックスのメリットとデメリットについて

ここで、ブロードワイマックスのもつメリットとデメリットをチェックしておきましょう。まずはメリットから

・業界最安クラスの月額料金

ブロードワイマックス最大のメリットといえば、やはり月額料金の安さ。月額最安プランを選べば、業界最安クラスの料金でWiMAXを利用できます。続いて、ブロードワイマックスのデメリットをチェックしてみましょう。

・初期費用が比較的高い(キャンペーンで無料化できるので問題無し)

・キャッシュバックがない

先にご紹介したように、ブロードワイマックスの月額最安プランは初期費用が高額です。もちろん前節で述べたとおり、この初期費用はキャンペーンで無料化できます。とはいえ、ほかのプロバイダでは、そもそも契約事務手数料以外の初期費用が設定されていません。他社にはない費用が無料になったところで、あまりお得感はありませんよね。

キャッシュバックが用意されていない点も、ブロードワイマックスのデメリットです。時期にもよりますが、ほかのプロバイダでは、キャンペーン特典として20,000円〜30,000円のキャッシュバックを用意しています。一方、ブロードワイマックスには、一切キャッシュバックがありません。

付け加えていうと、端末代の無料化はほかのプロバイダのキャンペーン内容にも含まれています。以上の点を総合すると、ブロードワイマックスはキャンペーンに魅力のないプロバイダといえそうです。

ブロードワイマックスの注意点について

ブロードワイマックスのキャンペーンは、以下の条件をクリアしなければ申し込めません。

・支払い方法にクレジットカードを指定すること

・安心サポートプラスとMy Broadサポートに加入すること

キャンペーンの適用を受けるには、支払い方法にクレジットカードを指定しなければなりません。また、上記2つの有料オプションへの加入も必要です。オプションは商品の到着後に解約できますが、すぐに解約しても1ヶ月分の料金が発生するのでご注意ください。

オプションの月額料金は「安心サポートプラス」が550円、「My Broadサポート」が907円。My Broadサポートは2ヶ月まで無料で利用できますが、安心サポートプラスの料金は初月から発生します。両プランとも「端末到着後すぐに解約できる」ので実質550円(税別)を支払えば初期費用の18,857円を無料にする事ができるので、他社のキャッシュバックキャンペーンよりもオトクです。ただしくれぐれも「解約し忘れてずっとお金を引き落としされていた」というパターンにはならないように注意してください。

ブロードワイマックスの安心サポートプラスについて

月額550円(税別)でお使いの端末が故障した時に無料で修理を行ってもらえるサービスとなります。ただし、故意に故障させた場合や紛失した場合、盗難の場合などは保証の対象外となりますのであまり必要ではないオプションではないでしょうか。初期費用無料キャンペーンを受けるためにつけないといけないオプションとなっているので、不必要だと感じる方は端末到着後にサポートに電話してすぐに解約しましょう。

Mybroadサポートについて

ブロードワイマックスで初期費用無料キャンペーンを受けるための条件のもう一点として、My broadサポートへの入会があります。このオプションの内容としては「パソコンの設定方法がわからない」「インターネットがつながらない」「初期設定ができない」など困った事が起きた時に電話すると電話口で解決策を教えてくれるオプションとなります。ほかにもメールアカウントを設置できたりキングソフトという会社のセキュリティソフトを使用する事ができます。これらのサービスはほとんどの人にとっては不必要だと思うので端末到着後0570-783-055もしくは0120-001-827に電話して解約しましょう。

ブロードワイマックスの解約方法と解約金について

ブロードワイマックスを解約するには0120-651-351の解約専用ダイヤルへ電話する必要があります。注意点として、毎月26日以降の解約手続きは受け付けていないという点です。例えば2月の26日に解約手続きの電話をしても3月1日まで解約手続きは行えないという事です。25日までに解約手続きの電話を完了させると、当月中に解約する事ができます。

最もベーシックな「ギガ放題プラン」の解約金は1〜12ヶ月目の解約は19,000円、13〜24ヶ月目は14,000円、25ヶ月目のみ0円。26ヶ月目以降からまた2年契約が始まるので、契約から49ヶ月目は解約金0円、それ以外の月での解約は一律9,500円となっています。(73ヶ月目、97ヶ月目など24ヶ月ごとに解約金0円の月が現れる)契約月に関してはイチイチ郵便で知らせてくれるシステムはありませんので、ご自身での把握が必要です。そろそろ契約更新月かなと思うところで早めにサポートに電話して確認してみてください。オペレーターが「いつ解約すれば解約金が0円なのか」を教えてくれるでしょう。

ご満足保証について

先ほど解約金の話を書きましたが、実はブロードワイマックスを「契約更新月以外でも解約金なしで解約する方法」があります。それはブロードワイマックスの「ご満足保証」という制度で、例えば「ブロードワイマックスを使用していたけど自宅で使う事がほとんどだから光回線に乗り換えたい」「家を引っ越したらブロードワイマックスの電話が入らなくて使い物にならなくなった」などの事情がある場合、特定の窓口(0120-680-382)へ電話する事によって「解約金無料」でブロードワイマックスの関連通信サービス(フレッツ光やauひかり、3WiMAXなど)に乗り換える事が可能です。対応商品や手続き方法が色々ありすぎるので、乗り換えを考えている人はとりあえず窓口に電話、もしくはwebから問い合わせしてみてください。その時にオペレーターに「ご満足保証」である事をまずは伝えてください。Webからの問い合わせの場合は「問い合わせ内容」の部分に「ご満足保証」と記載してください。

また、ご満足保証については「他社製品を使っていて乗り換えたい」という人でも適用できます。例を出すと「ソフトバンクのモバイルルーターを使用していたがイマイチ電波の入りが悪いのでブロードワイマックスに乗り換えたい」という人がいればまずは電話してみてください。乗り換え及びキャッシュバックの適用が認められれば「ソフトバンクのモバイルルーターの解約金の請求書や領収書」をブロードワイマックス側に送る事で最大19,000円まで解約金を負担してくれます。

ただし、「工事費を分割で支払っていたところ解約したので一括請求されてしまった」という場合には「解約金」に対してはキャッシュバックを受けられますが、「工事費」の分は負担してもらえないのでご注意ください。

データ量通知サービスについて

ブロードワイマックスでは、2017年2月〜「データ量通知サービス」が始まりました。

ブロードワイマックスではギガ放題プランなら【3日で10GB以上】、ライトプランでは【1ヶ月で7GB以上】」仕様すると速度制限がかかるのですが、その際にデータ量通知サービスに登録していると、速度制限がかかる当日の13時ごろに事前にメールが送られてくるという仕組みです。

当日の13時に知らされても困る・・・と思うのですが、気になる方は無料ですので登録してみてください。

UQwimaxのページで

  • 端末の識別番号
  • 端末のUIMカードの裏面に買いてあるICCIDの下12ケタ
  • 配信希望のメールアドレス

上記3点を入力するだけでカンタンに登録できます。

ブロードワイマックスの端末のバイク便配送サービスについて

ブロードワイマックスでは東京23区限定ですが、ブロードワイマックスを申し込み即日で受け取れる【バイク便サービス】が始まりました。こちらはWEB申し込みではできず電話申し込みの方限定なのですが、

  • 東京23区内
  • クレジットカード払い限定
  • 平日12時までの申し込み

の条件で即日バイク便で届けてもらうことができます。

配送料金については1kmで1,200円、10km圏内なら5,000円と安くない料金がかかってしまうのでめちゃめちゃ急いでいる方以外は通常配送にしたほうがよさそうです。

ブロードワイマックスの3年プランの詳細について

ブロードワイマックスのギガ放題プランは通常2年契約。2年ごとに自動更新で契約が継続するのですが、それを3年契約に伸ばす事が可能で、3年契約に伸ばすとなんと【ハイスピードプラスエリアモード】通常1,004円/月 かかるオプションが無料で使用できます。

ハイスピードプラスエリアモードではWiMAXが繋がりにくいエリアではau4GLTEの電波を拾って繋がりやすくするオプションで、それが無料で使えます。

契約を伸ばすだけでかなりオトクなプランだと思うので、ぜひご検討してみてください。

中国語対応・英語対応のコールセンターの存在

ブロードワイマックスでは、昨今のインバウンド需要に伴い、中国語と英語に完全対応の申し込み窓口が用意されています。

受付可能時間は10時〜18時(中国語対応コールセンターは15時〜18時)と短い時間にはなってしまいますが、契約時の相談や申し込みまでをこの窓口で全て完了させる事ができます。

ただし、申し込み時のクレジットカードは日本で発行されたカードであること、口座振替で申し込みの場合は【日本の永住権を確認できる書類】が必要になっていますのでご注意ください。

また、こちらの窓口以外から申し込む場合でも外国籍の方がブロードワイマックスを申し込む場合は上記が必要となってきます。