WiMAXの使えるエリアの範囲はどのくらい?メリットとデメリット、プロバイダの選び方について

格安スマホを徹底比較!あなたにおすすめの格安SIM教えます!

分からないことはここから検索してね!

WiMAXの使えるエリアの範囲はどのくらい?使用できないエリアの特徴と今後の展開について

「WiMAXは速いって聞くけど、どこでも使えるの?」「地方に旅行に行くけど使えるのかな」「引っ越し先でも使えるのかな」などいう疑問は、これからWiMAXを初めて使うという人が当然抱くであろう疑問です。他のモバイルブロードバンドサービスでも都市部で使うのであれば問題ないが、地方に行くと全く使えないものもあります。

本記事では皆さんがよく抱くWiMAXのサービスエリアに関する疑問、そしてサービスエリアという観点からWiMAXのメリットとデメリットについて取り上げていきます。これを読めば皆さんがお持ちのWiMAXのサービスエリアについての疑問もスッキリ解決します。WiMAXは「クーリングオフの対象外」なので申し込む前にしっかりと自分が使用予定の場所がWiMAXのエリアに対応しているかどうかを下調べする必要があります。

→実際にブロードワイマックスのエリアを確認してみた記事はコチラから

WiMAXの使えるエリア範囲について

WiMAXは地方を除くほぼ日本全国どこでも(人口カバー率99%以上)使えます。

詳しくは後ほど紹介するサービスエリアマップを見て頂くとして、基本的にはWiMAXは日本全国ほぼすべての地域で利用できます。確かに地方に行くと使えないケースもありますし、実際に筆者の住む地域でも使えない場所もあります。 室内や地下などのエリアに弱いイメージがあるので、地下や室内での利用が多い人は慎重に申し込むようにしてください。 ブロードワイマックス公式サイトで使用可能エリアのチェックを行えるので申し込む前に必ずご確認ください。 →エリア確認はこちらから

サービスエリアマップの見方について

WiMAXのサービス提供会社は必ずサービスエリアマップを提供しています。この場合のービスエリアマップは全国のWiMAXが使えるエリアを地図上で明示的に示したもので、これを見ることで、どこでWiMAXのサービスが使えるか一目でわかります。

WiMAXサービスプロバイダであるUQコミュニケーションズの場合、サービスエリアは以下の3つに分けられます。

  1. WiMAX

つなぎ放題の定額プランで安価に利用できるが、速度が13.3Mbpsと遅いのが難点。

  1. WiMAX2+

WiMAXと比べると220Mbpsと大幅に高速化されているが、対応エリアが狭い、ある決められた通信量を超えると速度制限(前日までの3日間の通信量が10GBを超えると、1日制限がかかる)がかかるといったことが難点。

  1. LTE

携帯電話のキャリアによって提供されるLTE回線網を利用する。LTE回線はWiMAX2+に比べると低速ですが、WiMAXの利用できない地方など広い範囲で使えるメリットがあります。

UQコミュニケーションズがWebサイトで提供するサービスエリアマップでは、これら3つのサービスエリアを地図上で色分けして表示しています。また今後の提供予定も同時に表示しています。ひょっとしたら今自分が利用したい地域で使えなくても今後使えるようになるかもしれません。

WiMAXを申し込む人が一番使うエリアは「WiMAX2+」のエリア範囲なので、申し込む人はWiMAX2+の範囲内であるかどうかを優先的に確認してください。

WiMAXが使用できない地域の特徴とは?

WiMAXが利用できない地域というのは、利用人口が少ない地域、つまり地方が多いです。

都市部ではWiMAXや高速なWiMAX2+の両方で問題なく利用できるケースがほとんどです。しかし、地方ではまだまだサービスエリアに入っていない、あるいは入っていてもうまくつながらないなどのケースがあります。そういったところでは当然ですが、WiMAXのサービスに申し込んでも使えませんので注意してください。

地方では都市部とは異なり、高速なインフラの設置が遅れているケースが多いですが、地方への定住促進や企業誘致などを目指す上で、また地域医療や高齢者に対する福祉体制などを考えた時にWiMAXなどの高速インターネットは地方でこそ重要性がさらに増すものと言えます。

こういったことから、地方でこそWiMAXが地域のデジタルディバイドの解消や地域ポテンシャルの発揮に役立つという考えから、地域WiMAX推進協議会が平成20年に設立され、地域WiMAXの推進が図られています。

WiMAXってどのプロバイダがいいの?プロバイダごとにエリアは違う?

次にWiMAXの各サービスプロバイダの比較をしてみましょう。WiMAXではUQコミュニケーションズが回線を提供していて、直接契約することも出来ますが、WiMAXのサービスを提供しているプロバイダがあり、そちらと契約する方が安価になり、かつデメリットもありません。 

提供エリアや通信速度についてはどのプロバイダから申し込んでも同じになっています。

結論から言うと、WiMAXを利用する場合はプロバイダを活用することをおすすめします。WiMAXを提供しているプロバイダはいくつかありますが、主なものを取り上げると以下のようになります。当サイトおすすめのプロバイダを2点だけ紹介しておきます。

<プロバイダ1> — Broad WiMAX

比較的低価格で高速なインターネット接続を利用できるサービスです。

ギガ放題プラン — 通信量無制限:月額2856円 *4ヶ月目からは3541円

<プロバイダ2> — GMOとくとくBB

「GMOとくとくBBギガ放題プラン」という低価格で高速回線を利用できるプランがあります。

ギガ放題プラン — 通信量無制限:月額2760円 *3ヶ月目からは3414円、3年目からは4849円

→各プロバイダの料金比較表はこちら

auWiMAXやbiglobeWiMAX、niftyWiMAXのエリア範囲は違う?

WiMAXは10社以上が代理販売をしており、上記ブロードワイマックス等の他にもniftyやbiglobe、so-netもWiMAXを販売しています。 

ですが使用する通信のエリア範囲や端末はどの会社から購入しても同じものを使用しているため、各社によってエリアに違いはありません。 ご自宅でniftyがエリア外であればブロードワイマックスでもエリア外なのです。

ピンポイントエリア判定が×だったときはどうする?

WiMAXの公式ホームページでは「お客様の声を聞く」というページが設けられており、エリアや電波状況についてのお客様の意見や要望を聞きデータ集計を行い、今後のエリア拡大や品質改善に活かしてくれるそうです。住所や日付、時間帯、機種など繋がらなかった時の詳しい状況を記入できるようになっているので、細やかな改善対応に期待できるのではないでしょうか。

ピンポイントエリア判定で×判定が出た場合は、ブロードワイマックスの場合は「そのエリアで使用可能なWi-Fiサービスを紹介してくれる」サービスがあります。 ピンポイントエリア判定で「×」が出たけどどうしてもWi-Fi環境が必要な人は一度お電話してみてはいかがでしょうか。 →電話番号 0120-005-579 

 沖縄県や北海道、鹿児島や広島、熊本などの地方でWiMAXは利用できるの?

全国の主要都市での人口カバー率は99%と非常に高いのですが、地方ではまだまだ利用できないところも少なくはないようです。

沖縄や北海道やその他地方でもでも同じように都市部では利用できるところが増えていますが、人口の少ない地域ではまだ利用できないところも多いみたいです。ですので契約前に必ずピンポイントエリア判定を行うようにしてください。

WiMAXのエリアは今後どんどん縮小していく? 

WiMAXの提供エリアは今後どんどん狭くなっていくという情報を目にする事がたまにあります。 エリアがどんどん狭くなっていく=今後WiMAXの電波がどんどん入りにくくなる と勘違いをされている方がおられますがそれは違います。 正確に言うと「WiMAXの範囲が狭くなりその分WiMAX2+のエリアがどんどん拡大していっている」というのが事実です。 UQの公式発表によると2018年3月にWiMAXのエリアは消滅し、完全にWiMAX2+のエリアに入れ替わります。 もっとも今からWiMAXの申し込みをする人は必然的に「WiMAX2+」の回線になるため何も心配する事はありません。 

WiMAXエリアの今後の拡大予定

WiMAXの利用エリアは現在も拡大し続けています。最新のエリア拡大情報が公式ホームページに掲載されていますので見てみて下さい。

http://www.uqwimax.jp/area/area_blog/

WiMAXのエリアまとめ

WiMAXは、高速なモバイルインターネット接続環境を比較的安価に利用できる便利なサービスです。ただし、地方では利用できないケースもあるので、使う際には自分が使いたい地域でサービスが提供されているかしっかり確認しておく必要があります。

社内や家庭にはインターネット環境があっても、外出先で急にインターネットを使いたいとか、カフェなどで仕事をしたいなどといった目的に対して、モバイルブロードバンドサービスは非常に便利なものです。モバイルルーターさえあれば、それほど制限もなく高速なインターネット接続が利用出来ます。外回りの多い営業職や、カフェや図書館などで仕事をするノマドワーキングには必須のツールと言えるでしょう。家庭でPCを毎日は使わないという人は固定回線を契約するよりもWiMAXを契約した方がお得かもしれません。

今回ご紹介したようにWiMAXは日本全国のカバーするエリアも広く、なんといってもWiMAX2+の誇る220Mbpsという超高速インターネット回線が使える大きな魅力を持っています。このように魅力あるWiMAXサービス、興味を持たれた方、ぜひ使ってみたいと思われた方、まずはサービスエリアをしっかりと確認してみてください。自分の利用したいエリアでWiMAXが使えるのであれば、何も問題はありません。ぜひWiMAXで手頃で高速なインターネット環境を使ってみてください。