WiMAXのノーリミットモードの機能と使い方について徹底解説

高速インターネット接続であるWiMAXを使っていて、突然速度が遅くなり「あれ?急に遅くなって使い物にならない」という経験がある方も多いでしょう。WiMAXでは通信量が多くなると、速度が128Kbpsという低速に制限されてしまいます。

しかし、WiMAXには実は速度制限がかからないノーリミットモードというものも存在し、利用することが出来ます。本記事では、このノーリミットモードの機能と使い方を以下の流れで見ていきます。

  1. WiMAXのノーリミットモードとは
  2. ノーリミットモードの利用について
  3. ノーリミットモードはこうやって使うべし!
  4. ノーリミットモードが使えるルーターは高いの?
  5. ノーリミットモードの注意点

WiMAXのノーリミットモードとは

まず基本的なことですが、WiMAXのノーリミットモードとはどういうものなのでしょうか。

WiMAXのノーリミットモードとは簡単に言うと「速度制限がないモード」です。ここで「あれ?7GBでの速度制限は?」と思った方、よくご存じですね。WiMAXでは通常、1か月の間に通信量が7GBを超えると、速度が128Kbpsに制限されてしまいます。

もうひとつ、WiMAXでは3日間の通信量が3GBを超える場合も1~7Mbps程度に速度が制限されます。

では、ノーリミットモードはなぜ速度制限がかからないのか?実は、一か月の通信量が7GBや、3日間の通信量が10GBでの速度制限が設定されているのはWiMAX2+という220Mbpsという超高速回線でインターネットを利用するためのサービスだけなのです。WiMAXではWiMAX2+とは別に、旧サービスであるWiMAXの提供も続いています。この旧WiMAXWiMAX全体と区別するためにこう表記します)では、速度制限はかからず無制限に使えるのです。これがいわゆる「ノーリミットモード」なのです。

ノーリミットモードには、現行のWiMAX2+サービスと比べて、いくつかのメリット・デメリットがありますので、ここで整理しておきましょう。

<メリット>

・速度制限がかからない

・価格が安い

<デメリット>

・速度が遅い。

・最新のルーターによっては対応していないケースがある

2018年には使えなくなる?WiMAX2018年でサービスを終了する予定である

WiMAXのノーリミットモードは、文字通り「速度制限がかからない」ことやWiMAX2+に比べて費用が安く済むといったメリットがあります。その反面、デメリットとしては、まず「速度が遅いこと」。WiMAX2+の220Mbpsに比べて、旧WiMAXは13.3Mbpsと低速です。通常のWEBサイトの閲覧に関しては大丈夫ですが、YOUTUBEなどの動画サイトを閲覧する際にはかなりストレスを感じるレベルです。また、旧WiMAX自体が2018年にサービス終了することになっているため、買っても2年ほどで使えなくなることや、旧WiMAX自体が古いサービスのため新機種では使えない場合がある、などといった問題があります。

WiMAXのノーリミットモードを利用せずとも「ブロードワイマックス」のギガ放題はどうでしょうか。

こちらは基本的な通信量の制限はありませんが、3日間で10GBの制限があり、3日間で10GBの通信量を超えてしまうと遅くなってはしまうのですが、「通常のWEBサイト閲覧程度なら我慢できる」レベルです。これらは使用する地域や時間帯によって変わってきますので一概には言えません。

ブロードワイマックスのギガ放題最安プランは月額3541円(税別)。(初期費用0円、3ヶ月目までは月額500円引き。)

auスマホの方は「ギガ放題ベーシックプラン」が月額4380円(税別)。ギガ放題プランよりは割高ですがこのプランですとauスマホの月額利用料が934円(税別)割引されるのでauスマホの方はこちらを選択してください。

→ブロードワイマックスの詳細を知りたい方はコチラから

→WiMAX2の料金プランについてはこちらから

ノーリミットモードの利用について

デメリットこそあれ、安い価格で使い放題という大きなメリットがあるノーリミットモード。このノーリミットモードを実際に使うためにはどのようにすれば良いのでしょうか。

ノーリミットモードを使うために必要なこと、それは以下の2つの点です。

  1. WiMAXを使える契約にしておく
  2. WiMAXを使えるルーターを選択する

項目ごとに説明していきましょう。一つは旧WiMAXを使える契約にしておくことです。ノーリミットモードを使うためには旧WiMAXを使う必要があります。高速なWiMAX2+では7GBなどの通信量制限が設定されており、それを超過すると速度制限が実施されます。しかし、旧WiMAXではそういった通信制限は適用されないのです。従って、ノーリミットモードを使うためには、旧WiMAXを使える契約にしておく必要があります。

もう一つは、旧WiMAXを使えるルーターを選択することです。先に説明した通り旧WiMAXは2018年にサービス終了されることが決まっています。そのため、既にWiMAX2+しか使えないルーターも多いのです。しかし、旧WiMAXを使うためには旧WiMAXが使えるルーターが必要ですよね。

ノーリミットモードはこうやって使うべし!

実際にノーリミットモードはどう使うのが良いのでしょうか。契約してみたものの、ノーリミットモードを生かさない使い方をしてしまっては、まったく意味がありませんからね。この章では、「ノーリミットモードはこう使うべし!」というおすすめの使い方を紹介します。

まず、大切なことは「必ずWiMAX2+と併せて使うべし!」ということです。つまり、旧WiMAXだけの契約にはせず、必ず高速なWiMAX2+もあわせた契約にしておきましょう。「あれ?」と思われた方もいらっしゃるかもしれません。ノーリミットモードはWiMAXで使うし、WiMAX2+まで契約する必要ではないのでは?と。

それは以下のような理由からです。

・速度が違いすぎる(WiMAX2+は220Mbps, WiMAXは13.3MbpsとWiNAX2+が20倍弱速い)

・旧WiMAXは2018年に終了する

つまり、速度と今後のサポート終了を見据えるとWiMAX2+も契約しておく方がトータルでのメリットが大きいのです。では、WiMAX2+とWiMAXを合わせて契約することで、実際にはどのようにこの2つを使い分ければ良いのでしょうか。

WiMAXWiMAX2+の使い分け>

  1. 7GBまでの速度制限が発生するまではWiMAX2+を利用:220Mbpsで速く、快適
  2. 7GBの速度制限後はWiMAXのノーリミットモードを利用:3Mbpsで使える

こうすることで、WiMAX2+の速度制限が発生したあとに128Kbpsという遅い速度で通信する必要がなくなります。この使い方はおすすめですよ。

詳細はWiMAX公式サイトからもご覧になれます

ノーリミットモードが使えるルーターは高いの?

WiMAXでノーリミットモードが使えるルーターとは、つまり「旧WiMAXサービスが使えるルーター」です。現行機種で旧WiMAXに対応しているルーターはSpeed Wi-Fi NEXT WX02となります。

このWX02は、WiMAX2+と旧WiMAXの両方に対応していて、「WiMAX2+が使えない」「エリア外」であるなどといった時に、自動的に旧WiMAXに切り替わるようになっています。このルーター自体は現行機器ですので、特に高価ということはなく月額3000円弱などで利用できます。

WX02は自動で旧WiMAXとWiMAX2+を切り替えるルーターですが、もし、手動で切り替えたい場合は別のルーターにする必要があります。その場合はどうすれば良いのでしょうか。もし、手動で旧WiMAXとWiMAX2+を切り替えたい、好きな時に切り替えて使い分けたいという場合は、HWD15という機種にする必要があります。HWD15にすれば、自由に自分で切り替えられるのですが、残念ながらすでに販売が終了しています。どうしても使いたいという場合はネットオークションや中古ショップなどで探す必要があります。ちなみに筆者がつい先日インターネットショッピングのAmazonで探したときは、9000円から10000円程度で購入できるようになっていました。

ところで、最近のルーターにはW01のように旧WiMAXを利用出来ない機種も出ています。ノーリミットモードを利用するのであれば、これは選択すべきでないので注意しましょう。

ノーリミットモードの注意点

ノーリミットモードを使う時は、どういったことに気をつければよいのでしょうか。ここで先に説明してきたことを踏まえて、いくつか挙げてみましょう。

・旧WiMAXが使えるルーターを選択する(WX02など)

・旧WiMAXが使えないルーターもあることに注意

・契約はWiMAX2+も含めておくのがおススメ

・使う時は7GB制限まではWiMAX2+を、速度制限後はWiMAXにするのが良い

あと、注意すべきこととして「旧WiMAX2018年に終了するので、それまでしかノーリミットモードは利用できない」ことが挙げられます。つまり、今が2016年ですので、せいぜい2年程度しか使えないということを理解しておいてください。

これらのことに気をつけることで、ノーリミットモードを問題なく利用することが出来るでしょう。

まとめ

どれだけ利用しても定額料金で、速度制限もかからないWiMAXのノーリミットモードは、通信量の多いヘビーユーザーにとってはとてもありがたいものです。

本記事では、このノーリミットモードについて、概要、利用法から注意点まで一通り説明しました。ノーリミットモードについてもう一度まとめてみましょう。

  1. ノーリミットモードとは、旧サービスであるWiMAXを使うことで、速度制限がかからなくなる利用法。
  2. 利用する際は旧WiMAXが使えるルーターを選択すること
  3. 契約にはWiMAX2+を入れておくことがポイント。いつもはWiMAX2+を使い、速度制限が適用されたらノーリミットモードを使うのがおススメ
  4. 2018年には旧WiMAX終了で使えなくなることに注意

ノーリミットモードをうまく活用するためには、今回紹介したようなおすすめの利用法、注意点などをしっかりと把握しておきましょう。2018年までの期間限定とはいえ、うまく使うことで、お得にWiMAXを使うことが出来るのがノーリミットモードです。

→ブロードワイマックスのレビュー記事はこちら

ブロードWiMAX公式サイトはこちらから