WiMAXでの各種設定方法と接続方法、繋がらないときの対処法について

格安スマホを徹底比較!あなたにおすすめの格安SIM教えます!

分からないことはここから検索してね!

WiMAXでの各種設定方法と接続方法、繋がらないときの対処法について

「WiMAXを契約したは良いがルーターの設定の方法がわからない」「PCってどうやってルーターにつなぐの?」。

晴れてWiMAXを契約しても、使い始めるまでにはいろいろと設定が必要になります。これらの設定は初心者には難しい面もあるかもしれません。本記事では、以下の流れでWiMAXを使い始めるにあたって必要な設定を見ていきます。

  1. ICカードの取り付け方法について
  2. 無線LANでの接続方法について
  3. USBでの接続方法について
  4. セキュリティーキーを入力してPC設定を行う
  5. インターネットが繋がらない時に確認すべきこと

では、一つ一つ順番に見ていきましょう。

  • WiMAXでの各種設定の方法と注意点

「WiMAXを契約したが、設定はどうすれば良いのかな。」「PCをルーターにつないでインターネット接続を利用するためにはどうすれば良いの?」など、ルーターを契約してからのいろいろな設定に困っている方も多いと思います。

以下ではWiMAX契約後の各種設定について見ていきます。加えて、誰もが困るトラブルが起こった時の注意点と対処の方法についても説明します。

ICカードの取り付け方法について

WiMAXルーターが届いて、最初にすることは何でしょうか。当たり前ですが「箱を開けること」です。そしてその次に「ICカード(SIM)」を挿しますよね。

しかし、ちょっとここで注意!実はICカードにはいろいろと注意点があるのです。これを守らないと最悪WiMAXルーターが壊れてしまうケースもあるとか。気をつけないといけませんよね。

ICカードを扱う時の注意点は以下の2点です。

ICカードの抜き差しは、必ずWiMAXルーターの電源を切った状態で行いましょう。

ICカードの金属部分には触らない。出来れば手袋などをして扱いましょう。

では、細かく見ていきましょう。まず「カードの抜き差しは、ルーターの電源を切って行ってください」。電源を入れたままカードを抜き差しすると、かなりの確率でWiMAXルーターは壊れてしまうでしょう。「確実に」と言っても良いかもしれません。せっかく買ったばかりのWiMAXルーターを壊してしまっては泣くに泣けませんね。注意しましょう。

もう一つ、PCに詳しい人や電子工作の経験がある方ならご存知だと思いますが、ICカードなどのような小さな電子部品は静電気に非常に弱いです。少しでも静電気が流れると、それでカード自体が壊れてしまいます。必ず何か別の金属に触れて静電気を逃がしておくか、もしくは手袋をして作業にあたってください。カードが壊れてしまっては通信などできません。こちらも注意です。

神経質になることはありませんが、これら2点は機器やカードを壊さないためにも絶対に守ってください。

無線LANでの接続方法について

さて、ICカード(SIM)を挿して電源を入れたら、もうルーターは使える状態です。ルーターの液晶画面を見てください。正常であれば、電波の受信状態を示すアンテナが立っているはずです。もしダメであれば設定を見直してください。それでもダメならばプロバイダのサポートに連絡しましょう。

さて、WiMAXルーターが使える状態になったら今度はPCやスマートフォンとの接続です。こういった外部機器との接続の方法は2種類あります。

  1. 無線LANでの接続
  2. USBで接続

まず1の「無線LANでの接続」は、文字通りPCやスマートフォン、タブレットを無線LANで接続する方法です。一般的にはこちらの方法が使われると思います。2の「USBで接続」というのはルーターとPCなどをUSBケーブルで接続してインターネット接続を利用する方法です。

USBケーブルを使う2の方法は後ほど説明するとして、ここでは1の「無線LAN」について説明していきます。無線LANを使う場合の流れは以下のとおりとなります。

  1. PCやスマートフォンでWi-Fiを有効にする。
  2. PCやスマートフォンの無線設定の画面でWiMAXルーターを見つける。
  3. セキュリティーキーを入力する。
  4. 接続完了

上記の流れで無線LANを使ってWiMAXルーターに接続して、インターネット接続を利用することが出来ます。ちなみにどうしても無線LANによる接続がうまくいかない場合は、次に説明するUSBでの接続を試してみるのも良いと思います。USBの場合はケーブルを接続しなくてはいけないなどの煩わしさはありますが、比較的設定が簡単でトラブルも少ない傾向があります。

USBでの接続方法について

では、次のもう一つの接続方法である「USBでの接続」について見てみましょう。こちらは端的に言うと電波を使うと無線LANとは異なり、物理的なUSBケーブルでWiMAXルーターとPCをつなぐことでインターネット接続を利用するものです。

無線LANではなくUSBを使うケースとしては以下のようなものが考えられます。

・PCに無線LAN機能が搭載されていない。

・無線LANでうまくつながらない。

具体的にUSBケーブルをつないでWiMAXルーターを利用する際の手順は、以下のようになります。

  1. ルーターの電源を入れる
  2. ルーターのアンテナを見て、電波を受信出来ていることを確認する
  3. ルーターに付属のUSBケーブルを使って、ルーターとPCを接続する
  4. PCにドライバーが自動的にインストールされる

Windows XPの場合はプロバイダのサイトからドライバーをダウンロードしてください。

  1. インストールされると接続が行われます。

USBケーブルを使用してインターネットを利用する場合は、上記のような流れになります。ちなみに少し触れましたが、無線LAN経由で接続するより手順が簡単で、問題が起こりにくいです。したがって、もし無線LANでの接続がうまくいかない場合はこちらを試してみるのも良いと思います。

セキュリティーキーを入力してPC設定を行う

先ほど少し触れましたが、無線LANを使ってPCとWiMAXルーターを接続する場合は、セキュリティーキーを入力する必要があります。

セキュリティーキーというのは無線LANの親機側(ここではWiMAXルーター)で設定するパスワードのことで、子機(ここではPC) から接続してインターネットを利用するためには、正しいパスワードを入力する必要があります。普段使われるPCなどでもユーザー名とパスワードを正しく入力しないと利用できませんよね。それと同じで、無線LANでもセキュリティーキーを設定して、正しく許可された人しか利用できないようにしているのです。

では、具体的にどういった手順でセキュリティーキーを入力するのか見ていきましょう。実際にWiMAXルーターを使ってインターネットに接続する手順は先ほども紹介した以下の流れになります。

  1. PCやスマートフォンでWi-Fiを有効にする。
  2. PCやスマートフォンの無線設定の画面でWiMAXルーターを見つける。
  3. セキュリティーキーを入力する。
  4. 接続完了

セキュリティーキーを入力するのは「3」です。2PCやスマートフォンで接続先のWiMAXルーターを選択する(接続先名は本体か箱に書いているSSIDです)と、「セキュリティーキーを入力してください」という旨のメッセージが表示されます。ここで、本体か箱に書いているセキュリティーキーを入力して、「接続」ボタンを押します。もし、セキュリティーキーが正しければこれで接続できます。ダメな場合は何かが間違っているかもしれませんので、見直してみてください。

PCでセキュリティーキーを入力してWiMAXルーターに接続、インターネット接続を利用する方法は以上です。

→実際にWiMAXを接続してみた様子はコチラ

インターネットが繋がらない時に確認すべきこと

さて、これまでWiMAXを契約して、ルーターを設定する方法と流れについて説明してきました。最後に、接続トラブルの際の対処について見てみましょう。

「ちゃんと設定したけどつながらない」とか「突然つながらなくなった」など、WiMAXルーターを使っていて、接続が出来なくなった、圏外表示になっているなどの経験がある方も多いのではないでしょうか。もちろんWiMAXが他のモバイルインターネットサービスに比べて質が悪いなどということはありません。しかし、どうしても長く使っているとこういったことも発生します。

では具体的につながらない場合にどうすれば良いか見てみましょう。

1)ルーターのアンテナは立っている?(圏外にはなっていないか?)

→アンテナが立っているのであればルーターは問題ありません。

 ・立っていないのであれば以下の対応をしましょう。

 ①利用する場所を変えてみてつながるかどうか確認

②設備工事や設備障害が発生していないかどうかサポートサイトなどで確認

③ルーター自体の故障を疑ってみる。サポートに連絡して指示を仰ぐ

*購入したばかりであれば初期不良の可能性もあります。

2)PCWiMAXルーターは接続できているか

 ・PCで「接続済み」と出ているか

 ・USBケーブルをつないで見て状況が改善されるかどうか

基本的にはこれだけの項目を順番に試していけば、どれかは該当すると思います。もしそれでもNGであれば購入したプロバイダに連絡してサポートを得るようにしましょう。

まとめ

WiMAXルーターを契約して最初にやるべきこと、それは「ルーターの設定」と「PCやスマートフォンとの接続」です。慣れている人であれば簡単な作業でしょうが、これも初心者にとってはいなかなか難しいものです。今回は、WiMAXを使うための各種設定について説明しました。

まず購入して最初にすべきことはWiMAXルーター自体の設定です。ここではWiMAXルーターに通信プロバイダから提供されたICカード(SIM)を挿すのがメインになりますが、以下のことに気をつける必要があります。

ICカードの抜き差しは、必ずWiMAXルーターの電源を切った状態で行いましょう。

ICカードの金属部分には触らない。出来れば手袋などをして扱いましょう。

これを行うことでWiMAXルーターが通信できるようになりますので、必ず「アンテナが立っていること」をルーターの液晶画面で確認してください。

次はいよいよPCやスマートフォンとの接続です。これには無線LANで接続する方法とUSBケーブルを使って接続する方法の2つがあります。無線LANではPCやスマートフォン側で検出してセキュリティーキーを入力する必要がありますが、USBケーブルの場合はケーブルを接続するだけの簡単な手順で接続できます。無線LANの方が使い勝手は良いですが、もしうまくいかない場合はUSBの方が比較的トラブルが少ないので、そちらも試してみましょう。

そして最後にトラブルの際の対応についても触れました。トラブルの際には以下の2つのアプローチをとることを心掛けてください。

  1. ルーターが正常かどうか
  2. PCからWiMAXルーターに接続できるか

WiMAXルーターに限らず、こういった電子機器は最初の設定が肝心です。しかし、正しく設定すればあなたの生活に大きなメリットをもたらしてくれます。また、トラブルの際にも慌てないで対応することで必ず解決させることが出来ます。どうぞ今回の記事を参考にしてみてください。