ワイモバイル 驚愕の「家族割引サービス」は見逃せない

ワイモバイルの「家族割引サービス」とは?

ワイモバイルの「家族割引サービス」は、2回線以上持つ個人契約者を対象にした割引サービスです。各回線の利用者が家族であることを証明できる確認書類が必要になりますが、同割引が適用されることで、スマホベーシックプランなどを使った2回線目以降の端末について、月額税抜500円が割り引かれます。割引の対象となるのはスマホベーシックプラン、データベーシックプランLなど最大10回線まで。

ymobileの家族割プラン

月額934円でケータイが持てる!

ワイモバイルのケータイ電話は月額934円のケータイベーシックプランSSを契約することで利用できます。新しい家族割引サービスからケータイ電話のみのプランは外れましたが、それでも大手キャリアに比べるとお得感は大きいです。

一般的な家族モデルとして、両親+子ども1人の3人家族でケータイを保有している場合でシミュレーションしてみましょう。

ドコモ「カケホーダイ」プランを家族3人で運用

カケホーダイ 2,700円 × 3人=8,100円

ワイモバイル「ケータイベーシックプランSS」プランを家族3人で運用

ケータイベーシックプランSS 934円 × 3人=2,802円

ドコモ契約の場合を想定してシミュレーションしましたが、ドコモでケータイ3台を家族で運用する場合、「カケホーダイプラン」ではありますが、3回線分の使用料金がかかりますので、合計8,100円が必要となります。一方、ワイモバイルであれば1回線当たりの使用料金934円なので、家族で3台保有した場合も2,802円となります。5,000円以上の節約が可能であることに加え、ワイモバイルやソフトバンクのスマホ・ケータイ同士の通話は1時から21時まで無料ですのでかなりの節約効果を感じることができるのではないでしょうか。

スマホプランは家族割引サービスで毎月500円割引!

スマホベーシックプランでは家族割引の対象となります。家族3人でスマホを使用するモデルで、データプランの容量が近いプランでシミュレーションします。

NTTドコモ/ギガライト(3GB使用した場合)

  • 3人家族(1人は25歳以下)のシュミレーション スマホが3台
  • 基本使用料(家族間通話無料) 2,980円 × 2台=5,960円
  • 基本使用料(家族間通話無料) 1,980円* × 1台=1,980円
  • *ドコモの学割
  • 合計 7,940円

       

ワイモバイル/スマホベーシックプランS (3Gまで利用可能)

  • 3人家族(1人は18歳以下)のシュミレーション スマホが3台
  • 基本使用料(1回/10分以内通話無料) 1,980円 × 1台=1,980円
  • 基本使用料(1回/10分以内通話無料) 1,480円 × 2台=1,480円
  • 基本使用料(1回/10分以内通話無料) 1,480円 × 1台=1,480円*
  • *ワイモバ学割適用時であれば12GBでも同料金
  • 合計  4,940円

ワイモバイルのモデルケースとドコモのモデルプランとを合わせるために、家族それぞれが3GBまで利用すると仮定して組み立てています。ベースとなるモデルは、ドコモが家族3人でスマホを使う場合の標準モデルとしている料金イメージです。家族3人全員がドコモのスマホで「ギガホ」を契約し「みんなドコモ割」が適用されています。ワイモバイルでは、基本料金が月額2,680円ですが、家族割に加え、契約期間7ヶ月目までは「新規割」に該当するので、それも適用させています。契約期間によっては上の試算と異なることもありますのでご注意ください。ドコモとほぼ同レベルの組み合わせをワイモバイルで実現したのですが、月額で3000円近くの節約に成功しました。