ワイモバイルが提供するSIMのスペックを解説します

SIMカードの基本をおさらいしましょう

SIMカードとは、電話番号を特定するためのID番号を登録したICカードのこと。スマホやケータイで電話やインターネットといったモバイル通信を行うにはこのカードが欠かせません。スマホやケータイには必ず装着されています。

SIMカードのサイズには「標準」「マイクロ」「ナノ」の3タイプがあります。スマホやタブレットの機種によって対応するサイズが異なっていますが、最新機種はほとんどが「ナノ」か「マイクロ」を採用しています。ワイモバイルでも「ナノSIM」と「マイクロSIM」を取り扱っています。また、ワイモバイルでも取り扱いのない「標準SIM」は現行モデルのスマホではほとんど対応していません。

一般的なMVNOと比較するとサポート体制が抜群!

ワイモバイルは、キャリアから回線を借りてサービス提供している一般的なMVNOとは大きく異なります。旧イーモバイルの回線や旧ウィルコムのPHS回線までを自社で保有しているため、キャリアとしての一面も持っているのです。

最近は大手キャリアでもSIMカードのみの販売が行われるようになってきましたが、以前は「端末+SIMカード」のセット販売が基本でした。一方、キャリアとしての一面を持っているワイモバイルでは、当初から「端末+SIMカード」のセット販売だけではなく、SIMカードのみの販売も行なっていたのです。

また、MVNOという視点で見て特徴的なのは全国に広がる店舗網です。格安SIMサービスを提供するMVNOの多くは営業コストを削減するため、実店舗の出店には消極的な面があります。その結果、ほとんどのMVNOはオンライン申込が基本で、対面での対応はほとんどありません。それに対して、ワイモバイルは旧イーモバイルの店舗網をベースに全国に1,000店舗以上の店舗展開をしています。

MVNOへの乗り換えの際にネックになりがちな配送期間(オンライン申込のMVNOだと配送期間の間、スマホが使えない)も、ワイモバイルの店頭で契約すれば即日開通することが可能です。それだけではなく、対面式のサービスならではの安心感も上げられます。格安SIMへの乗り換えは、初期設定を自分でやらなければならなかったり、ビギナーには少々ハードルが高いところもあるのですが、ワイモバイルの場合は店舗で対応してもらうことができます。もちろん、端末の故障やちょっとした相談も直接スタッフとやり取りできる安心感は、その他のMVNOにはないものです。

ワイモバイルのSIMは「音声通話対応SIM」のみ

ワイモバイルは料金プランも特徴的で、一般的なMVNOが「データ通信」をベースに置いているのに対して、「音声通話」がベースとなっています。全てのプランに「音声通話」がついているのです。通常は「データ通信専用SIM」と「音声通話付きSIM」の2種類が提供されることが多いのですが、ワイモバイルでは「音声通話対応SIM」のみが提供されているのです。

プランはデータ通信容量別に3タイプが用意され、「スマホベーシックプランS」では3GB、「スマホベーシックプランM」では9GB、「スマホベーシックプランR」では14GBまでの高速データ通信が可能です。さらに「データ増量無料キャンペーン2」の期間であれば、「スマホベーシックプランS」では4GB、「スマホベーシックプランM」では12GB、「スマホベーシックプランR」では17GBとなります。ただし、これは「新規契約または他社からののりかえ(MNP)、ソフトバンクからの番号移行、PHSまたは4G-Sプラン(ベーシックプラン含む)からの契約変更した方」が対象のキャンペーンです。また、期間限定のキャンペーンのため最新情報は公式HPでご確認ください。

音声通話部分では、どのプランにも「通話定額制」が採用されていることにも注目です。MVNOの場合は、一律20円/30秒の従量制料金体系になっていますので、キャリアのような通話定額プランはほとんど存在しないのが現実です。そんな中、通話定額を提供している格安SIMとして、ワイモバイルは希少な存在なのです。通話定額の内容は、「1回あたり10分以内の通話が月間300回まで無料」というもの。つまり最大50時間分の無料通話となります。条件を超過した通話に関しては20円/30秒となります。

ワイモバイルの利用には「SIMロック解除」か「SIMフリー」端末が必須

ワイモバイルのSIMカードを使用するためには、ワイモバイルのセット端末か「SIMロック解除」したキャリア端末、もしくはSIMフリー端末が必要となります。ドコモ系MVNOの場合、SIMロック解除していないドコモ端末でもそのまま使用することができるため、ワイモバイルもソフトバンク系MVNOだからソフトバンク端末ならSIMロック解除しなくても使えるのではないかと考えがちですが、使用することはできません。ワイモバイルはソフトバンクが出資するソフトバンク系の事業者ですが、先ほども触れたように自社で回線を保有し運用している「キャリア」だからです。このため、ソフトバンク端末ですら、SIMロックを解除しないと使用することはできないのです。ドコモやauといったその他のキャリア端末でも同様です。

今年5月からキャリアに対して総務省からSIMロック解除の義務化が通達されましたが、対象となるのは5月以降の販売端末ということで今のところ対象となる端末は多くはありません。また、SIMロックが解除された端末であってもワイモバイルではau端末は通信方式等が異なるため、使用することができませんので、注意が必要です。

SIMフリー端末であれば、そのまま使用することができます。

【ワイモバイルの動作確認端末】

ワイモバイルの動作確認端末はこちらから確認できます。

最低利用期間は2年間で若干長い

キャリア契約の場合に一般的となっている長期契約、いわゆる2年縛りと言われるものですが、ワイモバイルでもこの長期契約が設定されています。多くのMVNOは12ヶ月程度の最低利用期間を設け、その後は解除料金がかからないようになっています。ワイモバイルは2年間を契約期間とし、その後も自動更新される「キャリアルール」を採用していますので、解約等の際には注意が必要です。

ymobile_sim2

ただし、2019年10月1日以降、ワイモバイルを継続して2年以上利用している状態で、「スマホベーシックプラン」あるいは「ケータイベーシックプランSS」へ変更するまたは、機種変更と同時に「スマホベーシックプラン」あるいは「ケータイベーシックプランSS」へ変更する場合は契約解除料が免除されます。